« か、か・・・完成!? | トップページ | 同じ釜の飯を食った仲・・・他もろもろ »

2007年2月 9日 (金)

び、び、ビックリしたぁ~!!!

昨日はとんでもない事が起きました!
早朝6時30分頃、妹から携帯に着信。こんな時間に絶対に掛かってこない妹からの電話。まず頭を過ぎったのは『両親のどちらかが倒れた』か『甥っ子tomoyaになにかあった』のかと良い事は浮かびませんでした。恐る恐る出てみると・・・
『お姉ちゃん!Tさんの家が火事だよ』ですって。Tさんとは実家のお隣の家。『ひぇ~!実家は!??』『父さんと母さんは!?』『赤ちゃんは!?』と矢継ぎ早に質問攻め。『今から向かうから分かったら連絡するね』と手短に切りました。
取りあえずココから実家まで30~40分。さぁ!って言っても間に合いません。その後の妹から『実家は無事』との連絡が入ったので足手まとい(笑)のプチは幼稚園に行かせる事に。『じぃじとばぁばが心配なんだけどな~』とプチも行きたそうな素振り。でも、今回は言い聞かせ幼稚園に行ってもらいました。でも、そんな人を心配する気持ちを表現出きる様になったのかとちょっと嬉しくなりました。
プチを幼稚園バスに乗せすぐに実家に向かいました。着くと辺りは騒然!まだ消防車がいたりしました。車を降りると鼻を付く焦げ臭い匂い。『本当に火事になっちゃったんだ・・・』と感じました。
実家に入るとお隣さんご夫婦とまだ5ヶ月の息子さんが休んでいました。お見舞いの言葉をかけすぐにプチや甥っ子・姪っ子が着た小さな肌着やロンパースを探しました。探しながら『哺乳瓶もないのか』と気付くと愕然としました。全部燃えちゃったんですよね・・・。
家事の現場にも行って見ました。ほぼ全焼の状態。外壁は残っていても中は真っ黒!ガラスは割れ、天井からは水がポタポタ落ちています。火事は怖いなぁ・・・と実感しました。乾燥しているこの時期。みなさん火の元には充分注意しましょうね。
実家は田舎なので火事が起きたらすぐに炊き出しです。近所の方たちがご飯を持ち寄り『塩むすび』を握ります。中身は何も入っていない。海苔も巻いていない『おむすび』です。被災なさった方や消防の人に食べてもらいます。今回は早朝だったから有線(歌のじゃないですよ~)で『ご飯を持ってきてください』と呼びかけたそうです。握り終わってからも届くご飯。温かい気持ちが伝わりました。
地元の消防団の人たちも頑張っていました。仕事を休み、鎮火してからも何度も見回りをしていました。まだ20代前半の若い団員さんも一生懸命動き回っていました。だんだん地元にいる男性が少なくなり消防団の結成も危ぶまれる今日この頃。ゆくゆくは実家に入る弟も実家を出ていますが入っています。しかし、残り火が出た・・・なんて言うとやっぱり地元の小さなポンプ消防車の出番です。出初の行進の練習ばかりしているんじゃないんだ(笑)・・・と感心しました。
あと、じぃじとばぁば。住む所も無くなってしまったTさんに空いている部屋を提供し、何かと気にしてあげる2人。『いいけ!困った時はお互い様じゃん。気にしんでいいから』(バリバリ甲州弁)と言っていました。最近隣近所のお付き合いが無くなりつつある中、田舎とは言えこんな風に助けてあげている2人を見習いたいと思いました。
今回身近に火事を経験し火の恐ろしさ、人の優しさを感じました。昨日何回も聞いた言葉『泥棒は家まで持って行かないけど、火事は全部持って行っちゃうから』・・・まさにその通り。思い出から何もかも一瞬で焼き尽くされてしまいます。私もpapamaruと話しました『火には気を付けようね』って!何回も言ってしまいますが・・・みなさんも火の元には注意しましょうね!!

Nec_0052 昨日帰りがけに『プチはキウイすきでしょ♪』と貰ってきた何となくやわらか~くなり始めているキウイ。きっとやわらかいキウイは食べないであろうプチの為コンポート(ジャムかな!?)にしてみました。


Nec_0051 Nec_0050 グツグツ煮ていくと果汁が沢山出てきました。ドンドン煮詰めていくと・・・こんな感じ♪ぶつ切りのキウイも残りいい感じに仕上がりました。
早速、朝食にヨーグルトに掛け出してみたら『種を取ったらもっと美味しいのに~』と手厳しい評価(沈)この種を取るのはヨーヨーキルトを縫い合わせるよりキツイ作業でしょうね(爆)

|

« か、か・・・完成!? | トップページ | 同じ釜の飯を食った仲・・・他もろもろ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「手作り」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

本当に大変でしたね。
ご実家は無事だったものの、お隣さんには本当にお気の毒です。
marumaruさんの言うとおり、火事って恐いですね。一瞬で何もかも失ってしまうなんて。お隣さんの気持ちを思うと本当に心が痛みます。
marumaruさんのご両親も立派です!なかなかできることじゃぁありません!(あのスーパーおばあさまですよね!笑)私も見習いたいと思います。
でも、みなさん、無事でよかった。それだけしかいえませんが・・。

投稿: miopi | 2007年2月 9日 (金) 15時27分

パンダ改めpandaです。
それは大変でしたね。
うちの実家から火が見えたのかも。
こういうとき、田舎っていいですよね。
あったかい。
とにかく、けが人もいなかったようでひと安心ですね。

投稿: panda | 2007年2月 9日 (金) 18時24分

ご実家もお隣さんも皆さんご無事で何よりでした。

本当家事は怖いですよ~ 昔一人でマンション暮らしをしているときに同じフロアー(2件お隣)で家事を出されたことがあって・・早朝けたたましい音と我がチビたちの大騒ぎで目がさめ 家事だと気付き着替えて チビたちを大きな袋に入れてお財布・携帯を持ってベランダへ・・そこに1時間くらい居させられ 結局非常の飛び出すはしごで下へ降り・・・夕方まで家には入れず・・実家が側だったのでよかったものの 下の階の方々はホテルに滞在したとか。。。 帰って玄関を開けると 水がどぉ~ フェラガモの靴がカモのようにプカプカと。。。。
その後も臭いは1ヶ月近くしていましたよ。怖かった思いでです。
本当こういう時は人の助けが温かく感じますよね。田舎もいいものなのですね。

投稿: ohana | 2007年2月 9日 (金) 20時53分

m(__)mおばんです!?ニュース見ました。やっぱり実家のご近所だった様ですね!?風呂の残り火が引火したとか!?日常の何気ない事が、ほんの少し食い違っただけで惨事は起こるものです。私も約二十年、団に席を置き様々な災害と向かい合って来ましたが、住宅火災だけは、鎮火後も何とも切ない遣り切れない気持ちになる物です。地区や町を上げての防災防火活動も大切ですが、やっぱり一人一人の注意が大きいと思います。特に空気の乾燥しているこの時期には!?ではでは

投稿: 拓隊長 | 2007年2月 9日 (金) 21時25分

早朝から慌ただしく大変でしたね。
でも被害者がいなかったことがなによりもよかったです。
そして皆さまのあたたかさ!
こういう時って何よりもうれしく、安心できるものですよね。
ホント火事は何もかも奪ってしまいますよね。
ウチは木造でオール電化だけど、それでもストーブや義父のタバコなど気をつけたいことがいろいろあります。

「種を取ったらもっと美味しいのに~」そ、それはかなりの難題ですよね(笑)

投稿: のものも | 2007年2月 9日 (金) 23時33分

大変でしたね。
でも皆さん無事で本当によかったです。
昔、住んでいたアパートの近所で火事があったとき心配で見に行ったのですが、だいぶ遠くで見ていたのに、ずいぶん火が熱く感じられたのを思い出しました。
本当に火事は何もかも持っていっちゃいますから、気をつけなくちゃいけませんね。
 
キウイの種…気持ちはわかるけど、勘弁して~って感じですね(笑)

投稿: かずやん | 2007年2月10日 (土) 06時31分

ご実家もお隣さんも無事で良かったですね
大変でしたね
ほんと火事は全部持っていっちゃいますよね
私も今以上に注意して生活しようと思いました☆
marumaruさんのご両親の優しさ素晴らしいです!

投稿: ひばり | 2007年2月10日 (土) 17時27分

火事になってしまったお隣さんは、本当にお気の毒ですが
ご夫婦も赤ちゃんもご無事だったのが不幸中の幸いでしたね。
ご実家は何も被害がなかったのよね?
それもよかった。
お隣さんを気遣ってらっしゃるご両親の話を読んで、もし自分だったら
そういうことができるのかな?と考えてしまいました。
個人本位の考えが中心になってしまったこの時代に、私も
maruちゃんのご両親を見習いたいなと思いました。

投稿: おれんじ | 2007年2月11日 (日) 21時22分

みなさまへ
いつも温かいコメントをありがとうございます!
今回もまたまたご心配をおかけして申し訳ありません。
またお見舞いのお言葉ありがとう御座いました。


miopiさんへ
そうよ!スーパーばぁちゃんnaoeよ(笑)
naoeはドンドンってサッシをお隣の奥様がたたいて火事を知らせに来た時私かと思ったんだって!papamaruと何かあって実家に帰って来たと思い込み『何したでぇ~!!』って叫んだとのこと(笑)鎮火して落ち着いたらみんなに言い回っていた(汗)あ~『何か起こりそうな夫婦』って近所の方に知れ渡っちゃったよ(爆)

pandaさんへ
きっと、いや絶対に見えたと思うよ。
スタンドのおじちゃんは私より早く着いていたからね。
結婚する前は『田舎でやだ~』なんて思っていたけどこんな事があると『田舎ってイイかも!』って思えた1日でした。

ohanaさんへ
そう!そう!焦げ臭さが結構残るんですってね。実家はきっとしばらく外に洗濯物は干せそうもないです。
今回は田舎の良さを実感しました。東京じゃあこうは行かないですよね。少しずつ生粋の山梨県人が山梨の良さをお教えしますね(笑)

拓隊長へ
近所なんてモンじゃなく竹薮はさんで隣だったんですよ。竹薮に延火していたら・・・と思うと恐ろしいです。無風だったのが不幸中の幸いでした。
本当に火の元の注意は自分でするしかないですよね。私も火事の後は何回も見回ってから寝ています。

のものもさんへ
ストーブ&タバコ・・・ウチも同じです。お互いに気をつけましょうね!実家も両親しかいないのでちょっと心配。オール電化にしてくれれば良いんだけど・・・なんせ父の実家がガソリンスタンドでガスの配達もしてくれるんですよ。それじゃあ無理よねぇ~
ねぇ~プチも悪魔の様な事を言ってくれるよね(笑)あの種を取り除くって言ったら・・・ピンセットよね!

かずやんへ
まだお勤めをしていた頃・・・職場の隣が材木屋さんでそこから出火!燃える物が沢山あるんだからスゴイ炎!道を挟んだだけのお隣だったから窓枠やサッシまで熱くなってね。患者さんを非難させたり大変でした。
勘弁!勘弁!!そんな事するなら『食べんでいい!』って言い切るよ(笑)

ひばりさんへ
自分が年をとり、家庭を持ってみて初めて両親の偉大さを感じるようになった親不孝者です(汗)ひばりさんのお母様もステキよ♪

おれんじちゃんへ
連絡を貰った時にまず頭を過ぎったのは貰い火と実家にも水をかけられるかも・・・って事だったけどどちらも被害がなく無事だったよ。心配かけちゃったゴメンね!
私も出来ないかもしれない1人だよ。でも、今回の親の様子を見て『こういう時にはこうするんだ』ってのを目の前で見せてもらったから私も実践したいと思いました。でも・・・実践が無いに越したことはないからね。お互いに気をつけようね♪

投稿: marumaru | 2007年2月11日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« か、か・・・完成!? | トップページ | 同じ釜の飯を食った仲・・・他もろもろ »