« お彼岸のお中日 | トップページ | ラッピング三昧 »

2007年3月22日 (木)

年中さん、最後のお弁当

P1050685 今日はプチのお弁当日。で、年中さん最後のお弁当!『今日は3学期最後のお弁当だから何でも好きな物入れてあげるよ♪』と言いプチのリクエスト通りのおかずばかりを入れました。帰って来てお弁当の中を見ると・・・カボチャの皮は残して帰って来ました・・・が~・・・パスタの中に入れた苦手なピーマンは残さず!偉いぞ!プチ♪


P1050687 でも今日のお弁当はおかず以外のリクエストに答える方が大変でした(汗)
いつぞや、ばぁばが『おままごとにでも使ってね』とバザーで買ってくれたプリンちゃんのお弁当箱。これをもっていくんだと大騒ぎ(大汗)持って行きたい気持ちは分かるけど・・・通園リュックにも入らないし、こんなお弁当箱を持っていった日にゃクラスじゅうがどうなるか・・・とても恐ろしくて持たせる訳には行きません!!!!
てな訳でタダでさえ時間が無いお弁当の日の朝にお名前シールを貼り、プリンちゃんの中に入っているお弁当箱に詰めました。本人も満足だった様子。まぁ、小ぶりなお弁当箱だから年長さんになったら持って行けそうも無い大きさ。最後のお弁当のいい思い出になってくれればと思います。でも・・・覚えていないんだろうなぁ~(沈)
P1050689 最後なのでデザートも奮発!奮発・・・って言ってもただ市販の『ババロアの素』をクルクルして固めただけなんですけどね(汗)折角だから担任のetuko先生と副担任のhiromi先生の分も作りました。+marumaru特製いちごソース付き!また『特製』なんて言っちゃっているけど大きめに切ったいちごに砂糖とレモン汁を加え煮詰めただけのもの。いやぁ~、何かにつけ大袈裟な私!お許しを~(爆)

P1050693 でも・・・ナンだか色が悪い(沈)こういうデザートにはミントよ!ミント!!『もぉ~時間が無い』と言いながら庭へ。ありました・・ミントの新芽(呆)小さくたって一応ミントのすがすがしい香りはします。色も鮮やかなグリーンって訳には行かなかったけど無いよりはいいでしょう。
なんだか頑張った割りにはイマイチのデザート(泣)じゃあ、ラッピングでごまかそう♪『あ~忙しい!忙しい!!』と言いながらお店に行きレースペーパーと紐と荷札を持ってきました。『プチ!見ていないで早く食べなさいっ』と怒鳴りながら先生方へ1言メッセージ♪日頃のお礼の言葉を書きました。
なんだか、自分で自分の首を絞め、バタバタしてしまったお弁当。でも、お気に入りのお弁当箱を持ち先生へのプレゼントを持って登園したニコニコ顔のプチを見たら報われてしまいました♪
さぁ、明日は終業式!12日間の恐怖の春休みに突入です(泣)またお昼ご飯まで作らなければならない日々が続きます・・・。パスタ!ラーメン!!チャーハン!!!グラタン!!!!・・・あっ、のものもさんに教えてもらったお餅もあるな。この繰り返しで乗り切りたいと思います(笑)

P1050696 *今日のオマケ*
先日、ご紹介したボードに板が付きました。もうすぐ完成・・・予定(汗)明日は朝1からこのボードのラッピングです。papamaruはまだ最後の作業の真最中!明日納品日!!大丈夫かなぁ・・・(大汗)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ ランキングに登録しています。今日はどうにか『雑貨』の話も書けて一安心・・・ホッ♪ポチっと応援クリックをお願いいたします。

|

« お彼岸のお中日 | トップページ | ラッピング三昧 »

「手作り」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

ぷりんちゃんのお弁当箱!かわいい!かわいすぎるっ!!
プチちゃんの気持ちよ~くわかるわ・・・。
大好きなものばっかりのお弁当♪
おいしそうですね。見ているだけで、幸せになれそう・・・。

投稿: miopi | 2007年3月23日 (金) 14時09分

miopさんへ
ぷりんちゃんって何気に可愛いよね♪でもサンリオのキャラクターで1番好きなのはシナモンみたいだよ。年少さんのときはウサハナちゃんだったのに・・・。年を取るごとに子供も趣味が変わるのね。
いよいよ春休みに突入~。4月に幼稚園が始まっても1週間は半日保育。お弁当作りからは3週間ほど離れられるからウキウキなんだけど・・・毎日、1日中プチがいるのよね(泣)お弁当作りよりお昼ご飯作りの方がキツイかな(沈)

投稿: marumaru | 2007年3月23日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116185/5783560

この記事へのトラックバック一覧です: 年中さん、最後のお弁当:

» 高岡早紀のフェロモン全開画像&動画☆ [高岡早紀のフェロモン全開画像&動画☆]
その男と出会い、女はすべてを捨てた。生まれて初めて知った狂おしいほどの性の悦び―。エクスタシーの頂点で、女が男に求めた究極の行為とは。男女の性愛を大胆に描写し、日本経済新聞連載中から大反響を巻き起こした衝撃の問題作1933年北海道生まれ。医学博士。58年札幌医科大学医学部卒業後、母校の整形外科講師をつとめるかたわら小説を執筆。作品は初期の医学を題材としたものから、歴史、伝記的小説、男と女の本質に迫る恋愛小説と多彩で、医学的な人間認識をもとに、華麗な現代ロマンを描く作家として、常に文壇の第一...... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 13時43分

« お彼岸のお中日 | トップページ | ラッピング三昧 »